関連イベント

event

全国女子駅伝40回記念
オンラインイベント
「都大路の思い出-コロナ禍とスポーツを考えるー」

2022年4月30日まで
アーカイブを公開中!

新春の京都を走る「皇后盃 全国都道府県対抗女子駅伝競走大会」は、1983年にスタートしました。本年1月16日大会で40回を迎えたことを記念し、過去出場経験のあるシドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん、先日現役を引退した福士加代子さん、スポーツ科学研究者の龍谷大学教授・河合美香さんを招き、「都大路の思い出-コロナ禍とスポーツを考える」と題したオンラインイベントを開催します。女子駅伝の思い出や魅力、世界のアスリート事情、コロナ禍でのスポーツの在り方について語ります。(事前申込不要、聴講無料)

出演者


  • 高橋尚子さん
    スポーツコメンテーター

  • 福士加代子さん
    株式会社ワコール
    元陸上競技選手

  • 河合美香さん
    龍谷大学法学部教授
    元陸上競技選手
  • コーディネーター


    森脇健児さん
    タレント

  • 司会


    近藤彩香さん
    タレント

日時
2022年2月25日(金)
午後1時~午後4時(12時30分開室)
内容
1.基調講演
「女性ランナーの心身の健康」

─ 河合美香さん

2.ゲストトーク
【第一部】「40回記念・思い出の女子駅伝」

─ 高橋尚子さん、福士加代子さん、森脇健児さん

【第二部】「コロナ禍とスポーツ」

─ 高橋尚子さん、福士加代子さん、河合美香さん、森脇健児さん

(途中休憩あり、午後4時終了予定)

アーカイブ動画公開中


※通信環境によって途切れる場合があります。
※出演者の著作権や肖像権の侵害となりますので、録画・録音はお控えくださいますようお願いいたします。
※通信環境の良い場所でご視聴ください。
※お客様起因による視聴トラブルについては、主催者は一切の責任を負いません。

出演者プロフィール


■河合美香(龍谷大学法学部教授 元陸上競技選手)
京都市出身。市立船橋高時代より故小出義雄監督の指導を受け、筑波大、リクルートで長距離選手として活躍。。筑波大学でトレーニング科学、大学院でスポーツ栄養学を学び、2000年シドニー五輪マラソン金メダルの高橋尚子さんらの栄養サポートにも携わる。全国女子駅伝は過去3回出場、第2回大会の1区と第3回大会の2区でそれぞれ区間賞を獲得。


■高橋尚子(スポーツコメンテーター)
岐阜県出身。高校2年生の時に県代表に選ばれて全国都道府県対抗女子駅伝出場。県立岐阜商業高校、大阪学院大学を経て実業団へ。98年名古屋国際女子マラソンで初優勝、以来マラソン 6 連勝。2000年シドニー五輪金メダルを獲得し、同年国民栄誉賞受賞。2001年ベルリンでは女性として初めて2時間20分を切る世界記録(当時)を樹立する。公益財団法人日本陸上競技連盟理
事、公益財団法人日本オリンピック委員会理事。


■福士加代子(株式会社ワコール 元陸上競技選手)
青森県出身。五所川原工高で陸上を始め、2000年、ワコール入社。02年、3000、5000メートルで日本新記録をマークした。五輪はアテネ、北京、ロンドン大会にトラック種目で出場。リオデジャネイロ大会は初めてマラソン代表となる。日本選手権は1万メートルで6連覇を含む7度、5000メートルで4連覇を含む6度の優勝。マラソンは14度挑み、13年の世界選手権で銅メダルに輝いた。全国女子駅伝は青森と京都で計9度出場。40回大会ではふるさと青森チームでアンカーの9区を走った。


■森脇健児(タレント)
洛南高校陸上部出身。2008年、テレビ番組「走る男」で北海道から沖縄まで2700kmを1年間で完走。全国各地のマラソン大会にゲストランナーとして多数出演している。2013年には京都府宇治市にて「森脇健児リレーマラソン」を開催した。


■近藤綾香(タレント)
関西を拠点にテレビ、ラジオ番組に多数出演。森脇健児陸上競技部女子部にも所属する走って喋れるタレント。